PS4 進撃の巨人 レビュー


     

        
         外の世界には作業が蔓延っていた・・・




※以下ネタバレ要素を含むので注意してください。
関連動画
 
 各評価(5段階)
システム  3
 良い点
● プレイ前は巨人の弱点であるうなじ以外の部位を破壊することの意味に懸念を抱いていたが
  部位を破壊することで動きを封じる、資材が手に入る
  決戦の狼煙ゲージが溜まる等のメリットが存在するので
  部位を破壊することに上手く意味を持たせている。
● 決戦の狼煙発動時は各ゲージが回復し
  発動中はガスやブレードを消耗することなく爽快感のある戦闘ができるようになる。
  欲を言えばもう少し発動時間を延ばしてほしかった。

● 調査任務では調査率によって報酬が貰えるのはモチベーションが維持できるので良い。
● ギャラリーではあらゆる情報やムービー、音楽から3Dのモデリング等閲覧できるが
  ネタバレや3Dモデリングの細部までは閲覧できない。
 悪い点
● 多種多様なバグが存在するが
  発売から約1ヶ月経った今現在でも修正パッチ追加等のアップデートは行われていない。
  恐らく3月24日の大型アップデートにて対応すると思われるが
  バグを1ヶ月放置するというのも如何なものか。
● 資材から装備を作り出すシステムは狩りゲーによく見られるシステムであり
  個人的には予想していなかった狩りゲー要素が組み込まれていることに驚いた。
  当然強い武器を作るためにはひたすら硬くて逃げ回る敵を何度も繰り返し倒す必要があり
  こうした流れ作業が本編のストーリープレイ時間を圧倒的に上回るので
  アクションゲームのテンポとしては致命的に悪くなっている。
  また、これらの狩りゲー要素はオンラインマルチプレイの協力プレイである程度緩和できるが
  今作ではその協力プレイのアップデート追加予定はあるものの
  アップデートの無い現在では
  オフラインのシングルプレイでマルチプレイを想定した敵を相手にすることになっており
  真・進撃モードの調査任務の高難易度ではクリアすることは可能なものの
  シングルプレイでは明らかにきつい、時間のかかる任務がある。
  中古対策か単純に発売日に間に合わなかったのかは分からないが
  発売日を遅らせてでもマルチプレイは最初から実装するべきだっただろう。
● 各キャラクターには器用さ、スタミナ、体力等の能力値が存在するが
  一見してどの能力が戦闘にどう影響するか分かりにくいので
  理解するまでは一々解説なりを読まなければならない。
  また、各装備の性能も同様で、一見して分かりにくくなっている。
● 原作通りと言えば仕方がないが、武器はブレードのみなのでバリエーションに欠け、飽きが来る。
● アンカー射出で巨人の部位を変更する際、思うように変更できずストレスを感じることがある。

  また、ロックオンしたターゲットを変える際も同様。
● アンカーが大木等のオブジェクトに引っかかり、外れるのは仕方ないと思うが
  小さいオブジェクトにも引っかかることがあるのでストレスを感じる。
● 戦闘中チームメンバーに対して方針という散開、護衛、集中からなる
  3つの指示を与えられるコマンドがあるが
  その3つの中の集中以外は効果が出ている実感が沸かない。
● 方針の集中は自キャラが狙った部位の攻撃直後にチームメンバーが続いて攻撃するというものだが
  チームメンバーが部位に止めを刺した場合は決戦の狼煙ゲージが溜まらないので
  チームメンバーに止めを刺させないために
  仕方なく他の方針に切り替えるというようなシステムになっている。
● チェックポイントが存在する戦場と存在しない戦場があるが
  事前にチェックポイントの有無は分からないので不便に感じる。
● 壁外調査モードでの調査任務は進撃モードでプレイすることができるが
  遠征任務は壁外調査モードでしかプレイできない。
  有料DLC任務も壁外調査モードでしかプレイできず
  一々進撃モードと壁外調査モードを使い分けなければならないので面倒。
  また、依頼の内容は壁外調査モードでも進めることができるが
  依頼の受注と完了は進撃モードでしか行えないので、その辺りも気が利いていない。
 その他

● オートセーブは主に戦闘終了後に行われる。
  各モードを終了してタイトル画面に戻ったりしてもセーブは行われないので注意がいる。
  また、手動セーブはオプションの項目で行えるのだが、初めのうちは忘れやすい。

● アンカー射出で巨人に突進する際、何もボタンを入力しないとそのままぶつかり攻撃失敗となるのだが
  この攻撃失敗の流れは珍しくないので、せめて僅かながらもダメージを与えることができる
  または衝突するのではなく、そのまま切り抜けることが出来ればストレスを感じずに済んだのだが。
● 戦場で発生する救援信号による副任務は
  達成すると決戦の狼煙ゲージが全快になるというメリットを含んではいるものの
  救援信号は頻繁に発生するので面倒だと思うことが多々ある。
  また、決戦の狼煙ゲージは巨人の部位破壊でも溜まるので、無理に副任務を達成する必要はないが
  戦果Sを得るために副任務を達成するのが絶対条件と言っても過言ではないので
  煩わしく感じる部分はある。
● 巨人化したエレンの操作ではアンカー射出から攻撃の流れのしがらみから解放され
  簡単に強力で迫力のある攻撃を繰り出すことができ爽快感があるが
  変身できる時間は体感的に決戦の狼煙よりも短く感じる。
  また、真・進撃モードの後半ではエレンの巨人化よりも
  ミカサやリヴァイの決戦の狼煙の方が装備によっては強力になるので
  真・進撃モードの高難度任務では大して役に立たないスキルとなってしまっている。
  装備の能力値をエレンの巨人化にも反映してほしいところである。
● 戦闘終了後の高評価(戦果)は比較的簡単に取ることができ
  被ダメージ数や緊急討伐対象等は評価に関係しないのが良い。

  ただし、評価には巨人の討伐数が含まれるため
  高評価を狙うとなると必然的に1任務の時間が長くなってしまうのが面倒。
● 兵士練度や兵団練度を最大まで上げるには時間がかかると思いがちだが
  全トロフィー獲得や、戦果をSにする作業等の過程で最大になるので
  あえてレベル上げの作業をする必要はない。
● キャラクターの成長に伴う各スキルについては
  エレンの巨人化以外は大体各キャラクターと共通しているものなのであまり個性が無い。
● 進撃モードのキャンプの会話はあまり中身のないものだったが
  壁外調査モードでの会話は更に中身がないので完全に無視するようになる。
● 有料DLC任務では通常の任務と比べて多額の報酬が貰える任務があるので
  いわゆる時間短縮的なものを顕著に感じる。

2Dグラフィック  -
3Dグラフィック  5
 良い点
● アニメ系の3Dグラフィックではトップレベルのクオリティ。
  クオリティが高いので原作再現のカットでは違和感無く良く映える。

● アニメ系のグラフィックであるにも関わらず、キャラクターの肌の質感にもこだわっている。
● リアルタイムレンダが良く出来ているので、プリレンダムービー時に逆に違和感を感じてしまうほど。
  かと言ってプリレンダもクオリティが低いわけではない。
● モーション等の再現も良く出来ている。
● ステージは狭く、オブジェクトはそれほど多くはないものの
  キャラクターに限らず背景のクオリティも高い。
● 各装備のグラフィックもしっかりと用意されている。

操作性  3
 悪い点
● カメラアングルはプレイヤーの進行方向に追随するようになっており
  画面情報が多く周囲に敵が出現するこのゲームにおいては非常に見づらい仕様になっている。
  この仕様なので戦闘アクションはやりづらく
  巨人を討伐した直後は方向が分からなくなることが頻繁にある。

  尚、マップの拡大は補給兵等が迷惑なカメラアングルで見つけづらい際に使用する
  ある意味皮肉なシステムとなっている。
 その他
立体起動装置のアンカー射出による移動は簡単ではあるが奥深い。
  移動では独特の爽快感を得られる反面
  壁に接触すると一々駆け上がって壁を登ったり(それも何度も登り直す動作をすることが多々有る)
  巨人が群がった場所では思うように移動できなかったりと、ストレスを感じることも多い。
ストーリー  3
 良い点
● クオリティの高いCGで各名場面が再現されるので
  原作漫画やアニメを視聴したことのある人でも楽しむことができる。

 悪い点
● 超大型巨人や女型の巨人等、敵主要格の巨人は倒しては撤退の繰り返しなので煩わしいところがある。
  今作では唯一女型の巨人のみ決着がつく。
  また、原作が未完なので今作のストーリーは半端なところでの終了となる。
● 有料DLC任務はエピソードとしての扱いのようだが
  実際は戦闘中に各有料DLC任務専用の会話?のようなものがあるだけで
  ストーリーやエピソードとしての内容は薄い。

 その他
● 主に原作の戦闘前後のストーリーを軸に展開する。
  内容としては継ぎはぎで、原作を知らない完全初見のプレイヤーなら訳が分からなくなると思われるが
  あくまでもアクションゲームとしてのテンポを考えるとこうならざるを得ない。

サウンド  4
 良い点
● 流れ作業をしていると次第に同じ曲ばかり耳にし飽きてはくるが、全体的に優良曲や良曲が多い。
  集中を必要とするゲームなので、これらの良曲があまり耳に入らず影に隠れがちなのが惜しい。

 悪い点
● 音量調整はできるのだが、音量バランスが悪いので調整のしようがない。
  例えば巨人の部位を破壊するときの音が大きいので効果音の音量を下げると
  リアルタイムレンダムービー中での効果音の音量が著しく下がってしまうのである。
  つまりは戦闘中の全体の音量は大きく
  リアルタイムレンダムービー中の全体の音量は小さく設定されているので
  音量調整をするとなるとどちらかの音量を犠牲にしなければならなくなるのである。
  ちなみにプリレンダムービーの音量はムービー音量の項目で設定できるので
  どちらかを犠牲にするといったことはない。
曲の題名が全て英題なので一見してどれがどの曲か分からない。
 その他
● 欲を言えばインストでもいいのでアニメのOP主題歌が流れてほしかった。
キャラクター  3
 良い点
● メインキャラクターからサブキャラクターまで
  アクションゲームとしては割と多めのキャラクターが登場する。
  どのキャラクターも痩せ型ではあるものの、身長や体型等一応区別化はされている。
  また、各キャラクターボイスはアニメからの変更はないので、違和感を感じることはない。

 悪い点
● 割と多めのキャラクターが登場するのだが、体型は痩せ型ばかりであり
  服装も基本的には男女共通の制服となっているので、顔ぐらいでしか個性は出ていない。
● モブキャラクターの顔のパターンが少ないのか
  同じような顔のモブキャラクターが多数存在し違和感がある。
  同じような顔のキャラクターが毎回登場するので、ある意味メインキャラクターと言ってもいいほど。

  また、戦闘中にチームメンバーに加えることができるが
  個性があるわけでもなく、美形でもないのでテンションが上がらない。
● 操作時のサシャの瞳は基本的に常に上向きとなっているので違和感がある。
● 巨人のパターンは100を超えるようだが、結局のところ敵は巨人のみなのでバリエーションに欠ける。

デザイン  3
 良い点
● UIやフォントはシンプルで見やすくイメージに合っている。
● キャラクターや背景等は違和感なく良くできている。
● 各モードを選択する際に3Dによるカットが入るのが何気に良い。

 悪い点
● 原作でのゴア表現は中々のものだったが、今作ではアニメ同様ゴア表現は相当弱くなっている。
  原作再現を追及するのならば、対象年齢を上げてでも再現してほしかった。
● 戦闘画面はやたらと画面情報がうるさく、邪魔に感じる事がある。
  また、決戦の狼煙使用時にもお構いなしに表示されるため、見せ場が台無しになっている。

  HUDの位置を調整できればよかったのだが。
● 戦場では頻繁に救援信号による副任務が発生するが
  そんなに頻繁に助けを求めるならいっそのこと出撃するなと思わざるを得ない。
 その他
● 最終討伐対象が出現する際は演出が入るのだが、数パターンしか用意されていないので
  ある程度見たら後は全てスキップするようになる。
● 緊急討伐対象や調査任務では
  女型の巨人や鎧の巨人等に見た目が酷似している異形の巨人というものが登場するが
  見た目的に少々紛らわしいし、設定的にも無理が出ている。

オプション  3
 良い点
● 個人的には使用していないが
  データ共有でPS3/PS4/PSV間でゲームの進行状況を共有できる。
● 進撃モードでの難易度はやさしいと普通のみであり、難易度普通はほどよい難易度で楽しめる。
  真・進撃モードでは難易度設定は反映せず、難易度普通より上の高難易度で固定されている。
  尚、壁外調査モードでは難易度設定は反映される。
● ボタン設定は可能だが、個人的にはどれもしっくりこないのでデフォルトのままでプレイした。
  欲を言えばスティック押し込みへの割り当ても欲しかった。
● 攻略ヒントではゲームのチュートリアルを閲覧することができる。
 悪い点
● カメラ設定は可能だが、カメラアングルについての設定はできないのであまり意味がない。
音量調整は可能だが、音量バランスが悪いので調整してもあまり意味がない。
 その他
● ゴア表現は巨人を討伐した際の流血表現の有無が設定できるが
  大してグロテスクでもないので、個人的にはこの項目は必要ない。

快適さ  3
 良い点
● 立体起動装置によるアクションは独特の爽快感を体験することができる。
 悪い点
● ロード時間は長く、進撃モード等のムービー前のロード時間は更に長い。
● アイテムを拾う/受け取るには動作があるためテンポが悪い。
  また、アイテム使用にも動作があるため、同様にテンポが悪く感じる。
● 進撃モード終章の各話は、調査任務の進行度によって解放されるようになっており
  一気に進撃モード(ストーリー)を進めることができないのでテンポが悪い。
  また、いわゆる2週目である真・進撃モードでも
  調査任務を進めないと終章をプレイすることができないので二度手間である。

 その他
ロード画面では各用語や各キャラクターの説明が表示されるが
  ある程度プレイしていくうちに見飽きるので、何かもうひと工夫欲しいところ。
● 進撃モードでのキャンプでは各キャラクターのボイスは無くなるのだが
  テンポを考慮すればボイス無しでも問題無い。

熱中度  3
 良い点
● 原作やアニメを視聴したことのある人ならば、進撃モードをクリアするまでは楽しむことができるだろう。

 悪い点
● 進撃モード以外の真・進撃モード、壁外調査モード、調査任務等は完全に作業と化すので
  作業や狩りゲーが嫌いな人、トロフィー獲得等の目的が無い人は
  あまり触れることなく終了するのではないだろうか?
総合点 56/100
  B+.jpg
  プレイ時間 約70時間以上80時間未満
 
ゲームレビューについて
※グラフィックは発売年での評価です。
余談
  進撃モードは高クオリティであるCGによって名場面が展開するので
  ストーリー内容を知っていても問題無く楽しむことができた。
  が、それ以外の真・進撃モード、壁外調査モード、調査任務等は
  作業地獄と化したので楽しむことはできなかった。
  真・進撃モードは進撃モードのただの高難易度版。
  一応手に入る報酬等は変化するものの、ストーリーは変わらないので特別楽しめるといったことはない。
  壁外調査モード、調査任務は数少ないステージの中から
  何度も同じような敵(巨人)を倒す作業となるので、飽きを回避することはできない。
  また、更に任務の高評価を目指すとなると1任務の時間が長くなるのでうんざりする。
  個人的には全トロフィーを獲得するまでプレイしたのだが
  戦果Sや緊急討伐を達成するだけに限らず
  全依頼の完了や全装備の開発等、今作を隅から隅まで堪能した。悪い意味で。
  元々マルチプレイ(協力プレイ)を想定した作りであり
  実際にマルチプレイでの作業であれば別の楽しさや、ある程度の作業の緩和等期待できたものだが
  いかんせん"現在は"マルチプレイは実装されていないので
  "クリア後はただの作業ゲー"という認識を覆すことはできない。
  中古対策か単純に間に合わなかったのかは分からないが
  発売日を遅らせてでも発売と同時にプレイできるようにするべきだっただろう。
  進撃モード低価格販売だったらこのような不満も出なかったとは思うのだが・・・
  そんなこんなであまりの作業にいい加減嫌気が差して来たので
  狩りゲーが当ブログのレビューでいう"対象外"になる日も遠くはないかもしれない・・・
進撃の巨人
進撃の巨人
posted with amazlet at 16.03.18
コーエーテクモゲームス (2016-02-18)
売り上げランキング: 64


進撃の巨人
進撃の巨人
posted with amazlet at 16.03.18
コーエーテクモゲームス (2016-02-18)
売り上げランキング: 190


進撃の巨人
進撃の巨人
posted with amazlet at 16.03.18
コーエーテクモゲームス (2016-02-18)
売り上げランキング: 54

関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Amazon新作フィギュア
スポンサードリンク
Amazon新作ゲーム
初音ミク Project DIVA Future Tone DX 【予約特典】初音ミク Project DIVA Future Tone DX スペシャルミニサントラCD 付
初音ミク Project DIVA Future Tone DX 【予約特典】初音ミク Project DIVA Future Tone DX スペシャルミニサントラCD 付

ノラと皇女と野良猫ハート プレミアム版 【限定版同梱物】TVアニメ『ノラと皇女と野良猫ハート』BD、動画DL用シリアル、設定資料集、オリジナルサウンドトラック 同梱
ノラと皇女と野良猫ハート プレミアム版 【限定版同梱物】TVアニメ『ノラと皇女と野良猫ハート』BD、動画DL用シリアル、設定資料集、オリジナルサウンドトラック 同梱

塔亰Clanpool 【予約特典】超限定「デジスキン」プロダクトコード付きイラストカード 付
塔亰Clanpool 【予約特典】超限定「デジスキン」プロダクトコード付きイラストカード 付

デート・ア・ライブ 凜緒リンカーネイション HD 【予約特典】ドラマCD & PS4用テーマがダウンロードできるプロダクトコード 付
デート・ア・ライブ 凜緒リンカーネイション HD 【予約特典】ドラマCD & PS4用テーマがダウンロードできるプロダクトコード 付

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団
ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団

マーベル VS. カプコン:インフィニット (「数量限定特典」キャラクターのエクストラコスチュームプロダクトコード 同梱)
マーベル VS. カプコン:インフィニット (「数量限定特典」キャラクターのエクストラコスチュームプロダクトコード 同梱)

【PS4】ARK: Survival Evolved【特典】小冊子:ARK: Survival Evolved 序盤サバイバルガイド 付
【PS4】ARK: Survival Evolved【特典】小冊子:ARK: Survival Evolved 序盤サバイバルガイド 付

【PS4】クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!
【PS4】クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!

限界凸城 キャッスルパンツァーズ 【予約特典】限定下着が手に入るプロダクトコード付きカード 付
限界凸城 キャッスルパンツァーズ 【予約特典】限定下着が手に入るプロダクトコード付きカード 付

ロックマン クラシックス コレクション 2 (数量限定特典「ロックマン ボス78体の有効武器早見表」 同梱)
ロックマン クラシックス コレクション 2 (数量限定特典「ロックマン ボス78体の有効武器早見表」 同梱)

FIFA 18 【予約特典】• 5試合FUTレンタル選手のCristiano Ronaldo • ジャンボプレミアムゴールドパック5個 (1×5週間) • スペシャルエディションのFUTユニフォーム8種類 同梱
FIFA 18 【予約特典】• 5試合FUTレンタル選手のCristiano Ronaldo • ジャンボプレミアムゴールドパック5個 (1×5週間) • スペシャルエディションのFUTユニフォーム8種類 同梱

ニード・フォー・スピード ペイバック 【予約特典】Platinum Car Pack 同梱
ニード・フォー・スピード ペイバック 【予約特典】Platinum Car Pack 同梱

The Lost Child ザ・ロストチャイルド (【初回特典】ダーク・イーノックDLC 同梱)
The Lost Child ザ・ロストチャイルド (【初回特典】ダーク・イーノックDLC 同梱)

【PS4】Destiny 2
【PS4】Destiny 2

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ
ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ

新次元ゲイム ネプテューヌVIIR 【予約特典】プロダクトコードカード『四女神オンライン プレミアム武器セット』 付
新次元ゲイム ネプテューヌVIIR 【予約特典】プロダクトコードカード『四女神オンライン プレミアム武器セット』 付

バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション
バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション

旋光の輪舞2 通常版
旋光の輪舞2 通常版

【PS4】ZERO ESCAPE 刻のジレンマ
【PS4】ZERO ESCAPE 刻のジレンマ

ウイニングイレブン2018
ウイニングイレブン2018
ブログ内検索
プロフィール

野武士

Author:野武士
ゲームの感想や各種レビュー等を書いています。
当ブログには各ネタバレ要素を含むので注意してください。

Twitter
RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント
今月の人気記事
ブログパーツ
カテゴリー+月別アーカイブ
 
AmazonPS4周辺機器
楽天商品リンク
スポンサードリンク