PS4 うたわれるもの 二人の白皇 体験版 感想


     

        
             どう落とすのかが気になる




※以下ネタバレ要素を含むので注意してください。
経緯
  先週PS4/PS3/PSV うたわれるもの 二人の白皇の体験版が配信された。
  うたわれるものは第1作目はクリア済みだが、最近発売された第2作目はプレイしていない。

  反転でネタバレ表示
  理由としては登場人物の大半は1作目主人公であるハクオロのクローンであり
  ハクオロはその自分のクローン達とチョメチョメしているということに非常に萎えてしまった。
  キャラクターに興味を持てなくなってしまったのである。
  とはいえ、人気シリーズでもあり1作目はクリア済み、続編の体験版がプレイできるというのであれば
  当然"どうなっているのか"は気になるということでプレイしてみました。
  以下うたわれるもの=第一部 うたわれるもの 偽りの仮面=第二部 
  うたわれるもの 二人の白皇=第三部
関連動画
 
システム
シェア禁止と見せかけて・・・
  本体験版は何故かタイトル画面のみ録画、配信のシェア機能が禁止となっているだけで
  体験版本編中は録画、配信、スクリーンショット等全面的にシェア機能の使用が可能となっている。
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911083434
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911083503
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911083630
  リピート性が少ないADVとはいえ
  人気シリーズにも関わらずブロードキャスト配信数が異様に少ないのは
  ここら辺が影響しているような気がする。
  ちなみに前作第二部のシェア機能の禁止区間はかなり多かったようなので
  今作第三部も体験版部分程度でしかシェア機能は使えないかもしれません。

バックログは少々面倒
  個人的にはバックログ機能はさして活用するわけではないので割とどうでもいいが
  今作のバックログの文章は画面全体に表示されず
  メッセージウィンドウから直接遡って読むようになっている。
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911084028
  手動で一文一文切り替えなければならないので少々面倒である。

融通が利きすぎる救済措置
  今作はADVパートがメイン?ということもあり
  戦闘パートに関しては初心者救済措置とも見受けられるシステムがいくつか存在する。
  まずゲーム開始時に難易度普通か難しいかを選択することになるが
  この難易度は選択後も変更することが可能となっている。
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911083615
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090737
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911091024
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911091035
  救済措置の中でも"行動の巻き戻し"機能が凶悪、いや、快適。
  同SLGゲームのスパロボシリーズのソフトリセットを超える快適さ。
  あまりにも思い通りに行く掟破りな快適さにゲーム性が損なわれるかも・・・?
 
   うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911091309
   自動成功はよく分からないが、想像しただけで怖くなる言葉だ・・・
  
その他の親切な機能
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090807うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090809
  戦術指南はマニュアルのようなもの。

  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090812うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090816
  戦闘時に出る吹き出しには助言のようなものもある。

  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090850
  全体マップはシンプルなものだが、キャラクターの位置が把握しやすくなっている。

行動の選択はちょっと分かり辛い
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090923うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090925
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090931うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090941
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090946うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090953
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090959
  戦闘開始直後は何が何の行動か分かり辛いが、回数をこなせば何となく直感で動けるようにはなる。

気力ゲージによって有利に
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911091057
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911091100
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911091426
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911091436うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911091439
  クリティカルが成功するとゲージが溜まり
  ゲージが満タンになると連続で行動できるようになりこちらが有利に。
  まさに努力が報われるシステムと言える。
  ちなみに難易度難しいではこの連続行動を活用しないとクリアできない。

RPG要素も有る?
  フリー戦闘が有るかは分からないが
  経験値やボーナスポイント等が存在するのでRPG的な要素も有るようだ。
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911091743
2Dグラフィック
十数年経過しても成長しつつ健在する個性
  ピークを過ぎた後のイラストレーターや漫画家は
  以前と絵柄が変わり見る影も無くなるということが珍しくない
  本シリーズのキャラクターデザインを担当する甘露氏みつみ氏は衰えるどころか未だに成長しており
  それでいて個性が消えておらず、両氏を知っている者であればすぐに両氏のイラストだと気付く。
  特に甘露氏は本シリーズ1作目から担当していることを考えると実に感慨深いものだ。
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911083942
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090452
  今作では塗りのせいか淡いような柔らかいような印象を持つイラストになっている。

背景は風景より建物が逸脱
  風景や建物の塗りは飛びぬけてクオリティが高いようには感じないが
  建物の構造や小物等の細かい描写のクオリティは飛びぬけて高く感じた。
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911084259
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911085900
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911085935
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911085949

モーションポートレートは無し
  OPアニメは豪華、構想期間は長期、戦闘は3D等ADVでは大作となるシリーズで
  何かと制作費がかかってそうな今作だが
  残念なことに今作にはADVパートにおける
  モーションポートレート等のアニメーション要素は存在しない。
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911084315
  開発期間や制作費は当然増えるがこれだけの大作に無しというのは寂しいものだ・・・
  せめて目パチ口パクだけでも導入してほしかった。

OPアニメーションもかなりのクオリティ
  ゲームへのモチベーションに繋がるOPアニメのクオリティも高く
  何度も観返したくなる出来になっている。
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911092418
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911092448
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911092459
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911092503
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911092512
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911092520
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911092525
  曲の方のクオリティも高く、アニメ終盤のヴァイオリン?による間奏は印象深く
  うたわれるものの思い出が走馬灯のように駆け巡る(詩人)
  うたわれるもののボーカルに多く携わるSuara氏を起用しているのにも好印象。
3Dグラフィック
ADVメインのゲームとして見れば頑張っている
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090531
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090607
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090614
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090622
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090644
  デフォルメされたSDキャラクターなので迫力は無いが、上記5番目の画像は中々に美しく見える。
操作性
親切で操作しやすい操作性
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911083621
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911084512うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090842
  アドベンチャーパートとシミュレーションパート(戦闘パート)に分かれていて
  覚えることが多そうに見える操作性だが
  両パートに共に画面に操作方法が表示されているので分かりやすく
  実際の操作性も両パート共に操作しやすく遊びやすい。
ストーリー
前作未プレイだと内容は掴み辛い
  本体験版をプレイする限り、ストーリー内容は完全に前作第二部からの続きとなっている模様。
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911084523うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911085526
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911085550うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911085605
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911085637うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090126
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090141うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911091906
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911091914
  本体験版では第二部のヒロイン?であるクオンが記憶の一部を思い出すまでが描かれる。
  中盤の回想や終盤のあらすじでストーリーの雰囲気は把握することができる。
  今作における序盤の展開は
  第一部のキャラクター陣と第二部のキャラクター陣が衝突する展開となりそう。

クオンが覚悟を決め、あらすじが流れたところで体験版終了
  正確にはあらすじが終わりOPムービーが流れたところで終了する。
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911091838うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911092330
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911092344うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911092357
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911092536
  ボイスを全て聴きながらプレイするとクリア時間は約1時間30分~2時間ほど
  ADVの体験版としてはまぁまぁな時間。
  シリーズ未経験者は訳が分からないところが多いと思われるが
  シリーズ経験者なら引き込まれるところが多いと思う。
  うたわれるものはただのバトルものではなくSF要素や政治要素も有り
  更には伏線回収やどんでん返しの要素もあるので
  今作も中々飽きさせない作りになっていると思われる。
サウンド
旧曲と新曲が共存
  今作は場面によってシリーズの旧曲と新曲が流れる。
  旧曲は懐かしさもあってテンションが上がるし、新曲も悪くなかった。
キャラクター
第一部のキャラクターも登場
  第二部は未プレイなので詳しいところは分からないが
  今作第三部には第一部のキャラクターも登場する。
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911084559
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911085154
  第一部から十数年経っている設定とのことだが
  その割にはあまり容姿が変わらないように見える・・・
  亜人なので寿命の関係はよく分からないが・・・

新キャラクターも良い
  体験版では第一部のキャラクターをメインに描いていて
  第二部以降の新キャラクターは主に回想で描かれている。
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911085647
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911085719
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911085829
  第二部主人公のハクとオシュトル(ウコン)の関係性が面白そう
  第二部のキーキャラクターと思われるアンジュも色んな意味で面白そうなキャラクターだ。
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911085838
  突然のパロディで草生えますよ~
デザイン
うたわれるものらしい民族的なデザイン
  シリーズを通してアイヌ文化のような特徴的なデザインは今作も健在。
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090730
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090759
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911090923
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911091740
  UI、フォント、キャラクター等全体に渡り民族的なデザイン、"うたわれるものらしさ"を一貫している。
オプション
快適さにこだわった設定
  ADVパートの設定はオーソドックスなものとなっているが
  戦闘パートの設定は快適さにこだわっているように見受けられる。
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911083458
  うたわれるもの 二人の白皇 体験版_20160911083513

余談
  反転でネタバレ表示
  登場人物の大半がハクオロのクローンという設定さえなければ
  純粋に楽しめるのにという葛藤を抱えながらプレイしていた。
  そういう細かいことを気にしない人で、ADVが好きな人なら十分に楽しめるのではないだろうか?
  戦闘面に関してもかなりの救済措置があるように見受けられ
  やはりストーリー面の方に重きを置いているように感じた。
  本シリーズは三部作構想であり、今作はその三作目。つまりシリーズ最終作にあたる。
  長く続いた人気シリーズの最終作ということで期待も高まるが
  それと同時にどう完結するのか、期待通りに終わってくれるのかという不安も募る
  最終作がコケてしまっては今後の経営にも関わりかねないので
  是非素晴らしい終わり方で余韻を味わいたいところである。
  とは言っても僕はハクオロのクロryがある限りプレイすることはないのだが(ズコーッ!)
うたわれるもの 二人の白皇
アクアプラス (2016-09-21)
売り上げランキング: 40


うたわれるもの 二人の白皇
アクアプラス (2016-09-21)
売り上げランキング: 39


うたわれるもの 偽りの仮面 (通常版)
アクアプラス (2015-09-24)
売り上げランキング: 809

うたわれるもの 散りゆく者への子守唄(通常版)
アクアプラス (2006-10-26)
売り上げランキング: 6,254

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

Amazon新作フィギュア
スポンサードリンク
Amazon新作ゲーム
ブログ内検索
プロフィール

野武士

Author:野武士
ゲームの感想や各種レビュー等を書いています。
当ブログには各ネタバレ要素を含むので注意してください。

Twitter
RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント
今月の人気記事
ブログパーツ
カテゴリー+月別アーカイブ
 
AmazonPS4周辺機器
楽天商品リンク
スポンサードリンク